樹木伐採草むしり作業 福島県南相馬市原町区

五商建設株式会社では、建築工事・土木工事、便利屋(お買い物代行サービス、お墓掃除、お墓参り代行サービスなど)、網戸張替え、障子張替え、草むしり、草刈り、樹木伐採剪定、植替え、不用品回収処分、ハウスクリーニング、ビル&事務所清掃業務を営んでおります。

このたびは、弊社をご利用いただき誠にありがとうございました。

福島県南相馬市原町区の戸建て庭先にて草むしり作業、根っこん伐採、樹木剪定業務を行いました。
他のポータブルサイトからの申し込みでした。

最初にご自宅にお邪魔した時、庭一面樹木と草でした。
息子さんは、庭一面になった草や樹木を気になさっておりましたので、すべてさっぱりと切ってくださいとの依頼内容でした。

実の母親と息子さんの2人暮しの家庭でした。
樹木と草が混入して大変な作業でした。
施主は、樹木や草が気にかかっていたそうです。
自分ではできないことなので当社に依頼がきました。

草をむしってもむしっても、また草が生えてくる状態だったので、非常に気になさっておりました。
草も、樹木もスッキリして見えてきて、依頼者に感謝されました。
庭一面、樹伐採・樹木剪定・草むしり作業を行い、庭全面土が出てきてスッキリした感じになり、依頼者に感謝されました。
本当にきれいになり喜ばれました。

本来、樹木伐採・剪定作業は植木職人さんに依頼するのが通常です。
ですが近年、便利屋・建設会社でも草むしり&草刈り、樹木伐採剪定などを行っている会社が増えてきております。
そこで、以前であれば会社などは相見積書を3社くらいとってそこで価格の一番安い方を選びましたが、今では個人でも相見積書を取得して価格の安い方に決めるというのが一般的な考えです。
また更に、品質、職人さんの人柄、価格、会社の信頼性、安全性を重視しております。
お客様は、営業マンがなんぼ口で説得しても、実際に現場の職人さんの接客態度に目がいきます。
一番お客様が気にかけているのは、現場の職人さんです。
リピーターに繋がるか繋がらないかは職人さんがお客様宅でどれだけコミュニケーションをとれるかにかかてっても過言ではないと言えます。
さて、どのようにすれば職人さんとお客様がコミュニケーションとれるかです。
10:00、12:00、15:00にはお茶などをだしてそこでお話しをするのもコミュニケーションをとる方法です。
職人さんはお客様とお話したいと思っているはずです。
しかし、そのやり方などがわからないだけです。
以外に話してみると話好きの職人さんも多いです、その反面全く話もしないという方もいらしゃると思います。
最初に話のきっかけとしては、雑談から話しをしていくのがベストではないでしょうか?
コミュニケーションをしていくと職人さんは多少の無理は聞き入れてくれるようになります。

いかに職人さんと話ができてどれくらい聞き入れてくれるかがカギです。

例えば、草むしり&草刈り、樹木伐採剪定の依頼をしたときは庭や樹木の何でもよいと思います。

お客様にとっては、樹木伐採剪定&草むしり&草刈りをすれば庭から樹木や草木がなくなり地面が出てきて、整地されていればお客様は納得されます。

これより樹木伐採剪定&草刈り&草むしりの手順について説明致します。

最初にどこから手をつけていきますでしょうか?
草木があり、樹木がある場合はまず草刈り&草むしりを第一段階としてやるべきではないでしょうか?
業者は価格もあります、人件費もありますので手際よく作業をしていきます。
草むしりは時間がかかります、ですから草むしり&草刈りを一番先にやっておくのが重要です。
 しかし、草むしり&草刈りをしても草が残っていることも多数ありますので段取りをしておくと短時間で作業は終了します。
 その後に、樹木伐採剪定作業に移ります。
伐採剪定する樹木伐採剪定を見極めて於いて一本一本伐採していきます。
その時には、チェンソーを使用するので危険ということは絶対忘れずにしましょう。
チェンソーのチェンの部分には手や腕などを出さないということを充分に注意して作業に心掛ける必要があります。

チェンに触れる場合、エンジンのチェンソーならば必ずエンジンを停止してやりましょう。
電気チェンソーならばコンセットから抜いてからやるように心掛けてください。
特に、エンジンのチェンソーは馬力がありますから指や腕などはすぐにもげてしまします。
これだけを心掛けておけば怪我などはしません。
何事も焦らずにじっくりと集中して行動していけば安全です。
チェンソーに異常を感じたら必ずメンテナンスは受けるようにしましょう。

もしも、修理&買い替えが必要な時は、そのままにしないで修理&買い替えするのをお勧めいたします。
樹木を切断するとき非常に危険になる場合もございます。

樹木の切断が終了したら小枝を切断していきます。
その際にチェンソーやのこぎり、ハサミなどを使用して切断します。
絶対、チェンソーを使用しなければらないことはありませんので、できるだけ危険を避けて作業しましょう。

次に、ゴミ袋と空箱を準備して草・樹木のゴミはその中に入れてごみの収集日に出しましょう。
※ 家庭で草木を市町村のごみ収集日出すのは違法でありません。

草むしり・樹木伐採・樹木剪定際は、弊社へご依頼ください。
このたびは、依頼誠にありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております。

五商建設株式会社では、公式LINE、Facebook、Twitter、Instagramを開設致しました。

ここから、友達追加&メッセージ、フォローをお待ちしております。
Facebook URL https://facebook.com/goshoc1221

Twitter URL  https://twitter.com/goshoc1221

Instagram URL  https://www.instagram.com/goshoc1221/

LINE URL https://lin.ee/TFeaw5M

フェンスブック、Twitter、Instagramもご覧ください。

五商建設株式会社では、以下の業務を請負しております。


1 建設業 建築工事、土木工事一式
2 不用品回収処分
3 便利屋業務
 a 網戸張替え
 b 障子張替え
 c 草刈り&草むしり
 d 樹木伐採剪定、植替え
 e 家具移動、家具組立
 f 出張タイヤ交換
 g 建具調整
 h お墓掃除など
4 電気工事
5 害虫駆除
6 害鳥駆除
7 害獣駆除(猟友会立会いが必要な場合があります。)
8 引っ越し業務
9 その他上記に付随する業務
詳しくは、当ホームページの取扱商品をご覧ください。

五商建設株式会社

〒960-1245
本社 福島県福島市松川町浅川字若宮32
福島事務所  〒9630-8135
       福島県福島市腰浜町5-14
  TEL 024-502-0277  FAX 024-502-9140
  E-Mail info-gosho-c.com
問い合わせHP http://toiawase.gosho-c.com
採用HP     http://saiyou.gosho-c.com
皆様方の問い合わせをお待ちしております。
是非、お問い合わせください。
私たちは、地域社会に貢献するとともにお客様に夢を提供しております。
依頼のご予約は、問い合わせフォームよりお願い致します。  

2020年07月15日