個人住宅相談窓口業務その5

住宅は一生に一度であるお客様の真剣さに負けるな!
住宅は一生でもっとも高額な買い物である。

前回、浴室・洗面所・脱衣所について説明しました。
今回は、玄関・各納戸ついてお話したいと思います。

玄関は、ご家族様やお客様の出入りするところです。
玄関・トイレをみればその家のことがわかること言っています。

御家族やお客様が、家に一番に入るときは必ず玄関を通って家の中に入ります。
その時、玄関先が清潔になっていれば、家の中に入っても気持のいいものです。
例えば、玄関がものだらけで、足の踏み場もなっから家の中に入る気にもなれません。

やはり、玄関先は荷物がないのがいいですよね。
しかし、荷物はなぜか増えますね。

各種納戸
納戸といえば、2階建て住宅ならば1階と2階に各1箇所づつありました。
近年は、玄関先にもつける傾向があります。

玄関先には、灯油缶や子供の自転車など入れておく傾向が多いです。
子供の年齢が進みますと男の子と女の子では違いますが堂下靴の数も徐々に増えてきます。

そうならないように、納戸にシューズボックスをつけておくと便利です。
なぜならば、玄関先に靴を置かないでシューズボックスにおいておけば玄関が広々として使えるからです。

次に、1階・2階の納戸です。
納戸というと荷物を置いて置くところイメージしますが、実際には家具類を置く場所です。
さらに、消耗品を置いて置くこところです。
納戸があるないでは、家の中の整理がスムーズにはかいるいくかいかないかは納戸にどのように整理するです。

企画住宅には使い勝手が不自由な箇所にあります。
その点、注文住宅はご家族が使い勝手がよいところに建築しますので、使ってよいと思います。

前回もお話しましたが、今や高齢者社会になっている世の中で狭くては使う用途が決まってしまいます。
後から間取り&延床面積、建て坪など変更をするのは、企画住宅では難しいです。
失敗したという前に、注文住宅と企画住宅の両方で考えてみましょう。

それに比べて、注文住宅は建築する前に家族数、家具類などの配置を考えて設計し、建築するからこそ生活しやすくなります。

だから、実際に生活すると過ごしやすくなります。

失敗しないために、建築途中で設計担当者や工事担当者に疑問点や不安なところは質問するのが大事です。

それでも、失敗する可能性がありますので、念には念を入れて住宅会社に質問するのが大事です。
そこで設計変更できる時期を住宅メーカーや大工さんに確認しておくのが重要です。

ご自分のご家庭の用途に合わせて設計して建築するのが、注文住宅ですから自分のご家庭に合わせて建築してみませんか?

広々として、家庭の使う用途に合わせて使うことができます。
将来、増築・リフォームになっても比較的安易に進むのではないかと思います。

次回は、勝手口について説明します。

引っ越しする際に荷物を処分して新しい生活に向けて、家の中を広々としませんか?

どうぞ、ご利用ください。
ご利用を心よりお待ちしおります。
電化製品以外の回収は、引っ越し業者は出来かねますので。
ご依頼の際は、当社へお願いします。
【参考価格】軽トラック積み放題 16,500円(税込)3往復以上 追加料金が発生します。      1tトラック積み放題 29,800円(税込)3往復以上 追加料金が発生します。
      2tトラック積み放題 39,800円(税込)3往復以上 追加料金が発生します。      家電リサイクル法の対象商品回収料金と別途費用が発生します。
(例) テレビ Panasonic ブラウン管 21型未満 リサイクル料金 1,320円(税込)    収集運搬費 1,650円(税込) 合計 

【エリア】 福島県内全域となっております。      
※ エリア外でも対応可能の場合もありますので是非、ご相談ください。

 

2022年06月23日